「罪の告白と涙」

兄たちをテストするために末の弟を連れてくるようにと条件を出したヨセフさんでしたが、それを聞いた兄たちは、父親をこれ以上悲しませるわけにはいかないという思いから行動に移すことができないまま投獄されることとなってしまいました。

 しかし、ヨセフさんは兄たちや食料を待つ故郷の人々を苦しめるつもりで投獄をしたわけではありませんでしたので、次の作戦に出ました。

 三日目になって、ヨセフは彼らに言った。「こうすれば、お前たちの命を助けてやろう。わたしは神を畏れる者だ。お前たちが本当に正直な人間だというのなら、兄弟のうち一人だけを牢獄に監禁するから、ほかの者は皆、飢えているお前たちの家族のために穀物を持って帰り、末の弟をここへ連れて来い。そうして、お前たちの言い分が確かめられたら、殺されはしない。」(聖書 創世記 42:1820 新共同訳)

 ヨセフさんが出した次なる条件は、9人が人質となり1人で帰るのではなく、その逆の1人が人質となり9人で末の弟を迎えに行くというものでした。

 その条件を聞いた兄たちはこう言いました。

彼らは同意して、互いに言った。「ああ、我々は弟のことで罰を受けているのだ。弟が我々に助けを求めたとき、あれほどの苦しみを見ながら、耳を貸そうともしなかった。それで、この苦しみが我々にふりかかった。」(聖書 創世記 42:20-21新共同訳)

 出された条件を呑んだものの、やはり兄たちの心にはもやもやするものがありました。その原因は、昔恨みや妬みのために助けを求める弟を無慈悲にも売り飛ばしてしまったという過去の出来事でした。

彼らはヨセフが聞いているのを知らなかった。ヨセフと兄弟たちの間に、通訳がいたからである。ヨセフは彼らから遠ざかって泣いた。・・・(聖書 創世記 2324 新共同訳)

 目の前にいるのがその弟であるということなど知る由もなく、また、目の前にいるそのエジプトの偉い人に自分たちの言葉が通じるなどとは考えもしない兄たちの口から出て来たのは罪の告白の言葉でした。ヨセフさんは、兄たちの純粋な今の気持ちを知り、涙が出てきました。

イエス様も、私たちが罪を認め、それを告白して悔い改める時、ヨセフさんのように涙を流されるのだろうなと思います。

「3日間」

長い年月を経て、兄たちがどのように変わったのかを知るため、ヨセフさんは自分の身分を隠したまま兄たちにスパイ容疑をかけたまま次の作戦に出ました。

お前たちのうち、だれか一人を行かせて、弟を連れて来い。それまでは、お前たちを監禁し、お前たちの言うことが本当かどうか試す。もしそのとおりでなかったら、ファラオの命にかけて言う。お前たちは間違いなく回し者だ。」ヨセフは、こうして彼らを三日間、牢獄に監禁しておいた。(聖書 創世記42:16∼17 新共同訳)

弟を連れてくるために、1人を選んで家に帰すように。これが、ヨセフさんが出した条件でした。もし、この条件をのまない、もしくは、今までの発言の中に嘘があったとしたら、自分たちは完全にスパイとして扱われてしまう。兄たちは、そんな状況におかれてしまいました。

しかし、既に大事な息子を失っている父に対して、兄弟がエジプトに監禁されており、更には末の弟を連れて行かなければならないということを告げるのは、たとえ自分たちの命がかかっていたとしても気が進まないことでした。

そんなハッキリしない状態でいたせいか、ヨセフさんは彼らを全員牢獄に監禁してしまいました。

3日間の間、自分たちが置かれた状況を見つめながら、色々なことを考えたことと思います。もし、自分たちにやましいことがなければ、素直に出された条件に従うこともできたかもしれません。しかし、今それに従うことができないのは、自分たちが過去にしてしまった残酷な過ちがあったからでした。

兄たちは、既に昔のような血気盛んで残酷なことをするような人間から、父や弟のことを思いやるような人間へと変えられていました。しかし、この3日間は更に反省の時となったことと思います。

しかし、なによりも、自分は3年近くも投獄されていたのにもかかわらず、兄たちを3日間で釈放してあげたヨセフさんも、長い年月を経て神様によって愛の人へと成長させられていたということを見ることができます。

辛く苦しい経験をする時、それは、神様が私たちを成長させてくださる時でもあるんだということに気が付かされます。

「兄へのテスト」

 長年離れ離れになっていた兄弟が感動の再会を果たしたかと思いきや、ヨセフさんは、自分の正体に気が付いていない兄たちに対し、スパイの容疑をかけて尋問を始めました。

 勿論、兄たちはスパイではなく、純粋に国の危機に際して食糧をもらいに来ただけでした。しかし、その弁解の言葉を聞いたヨセフさんは、更に兄たちを追い詰めます。

 すると、兄たちの口から弟のことについて語られました。

 しかしヨセフが、「いや、お前たちはこの国の手薄な所を探りに来たにちがいない」と言うと、 彼らは答えた。「僕どもは、本当に十二人兄弟で、カナン地方に住むある男の息子たちでございます。末の弟は、今、父のもとにおりますが、もう一人は失いました。」

(聖書 創世記 42:12-13 新共同訳)

 実は、ヨセフさんには更に年下の弟がいました。この食糧調達の旅にはその弟は同行していませんでした。

 理由は、大切な息子を失った過去の出来事の二の舞になることを恐れた父ヤコブさんが、末の息子は自分のもとに留めておくという決断をしたからでした。

 ヨセフさんは、この兄たちの言葉から末の弟の安否を確認し、更には自分のこともしっかりと記憶しているということを確認しました。

すると、ヨセフは言った。 「お前たちは回し者だとわたしが言ったのは、そのことだ。 その点について、お前たちを試すことにする。ファラオの命にかけて言う。いちばん末の弟を、ここに来させよ。それまでは、お前たちをここから出すわけにはいかぬ。(聖書 創世記 42:14∼15 新共同訳)

兄たちが過去の出来事も含めて真実を語っているということを確認したヨセフさんは、まだ自分の正体を明かそうとせず、兄たちに対して1つの課題を出しました。

それは、父ヤコブさんが大切にしている末の弟をこのエジプトの地へと連れて来るというものでした。

一度息子を失ったがゆえに自分のもとに末の息子を留めておくと言った父ヤコブさんにこの課題を告げることは、兄たちにとって難しい課題に思えたかもしれません。

しかし、これはヨセフさんが仕掛けた兄たちに対するテストでした。窮地に追い込まれた時、あの残酷だった兄たちはどのような行動に出るのでしょうか。

自分たちが食糧を得るためなら、ためらいもなく弟を差し出すのか。もしくは、長い年月を経て兄たちは変わっているのか。

神様からの知恵を得て、ヨセフさんにとってもハラハラドキドキの駆け引きが始まりました。

「実は夢に見ていた」

世界的大飢饉に際して、ヨセフさんの兄たちは、食糧を求めてエジプトに向かって出発しました。

 そして、エジプトにつくと夢にも思わない出来事が兄たちを待ち受けていました。

 ところで、ヨセフはエジプトの司政者として、国民に穀物を販売する監督をしていた。ヨセフの兄たちは来て、地面にひれ伏し、ヨセフを拝した。ヨセフは一目で兄たちだと気づいたが、そしらぬ振りをして厳しい口調で、「お前たちは、どこからやって来たのか」と問いかけた。彼らは答えた。「食糧を買うために、カナン地方からやって参りました。」ヨセフは兄たちだと気づいていたが、兄たちはヨセフとは気づかなかった。(聖書 創世記 42:6-8 新共同訳)

 なんと、エジプトで兄たちの目の前に現れたのは、かつて妬みのために商人に売り飛ばした弟でした。

 しかし、そこにいたのは自分たちと同じヘブライ人ではなく、エジプトの言葉を話し、エジプト人の装いをし、エジプト人の文化の中で、エジプト人として生活をしている弟でした。  

しかも、普通にエジプトで生活をしているのではなく、エジプトの国において、権力を持つ者として国を治めている人物でした。

しかし、この状況においては、さすがに兄たちは目の前にいるのが弟のヨセフさんであるということに気づくはずもありませんでした。

 その反面、ヨセフさんには目の前にいる10人のヘブライ人たちが誰であるかということがハッキリとわかりました。ヨセフさんにとっても夢にも思わない出来事になりました。

 と、思いきや、ヨセフさんは昔この状況を夢に見せられていたということに気が付きました。

ヨセフは、そのとき、かつて兄たちについて見た夢を思い起こした。(聖書 創世記 42:9 新共同訳)

神様はこの兄弟たちがまだ若かりし頃、そして、まだ憎み合っていた頃、この不思議な状況下における再開の出来事を夢を通してお示しになっておられたのでした。

畑でわたしたちが束を結わえていると、いきなりわたしの束が起き上がり、まっすぐに立ったのです。すると、兄さんたちの束が周りに集まって来て、わたしの束にひれ伏しました。」  兄たちはヨセフに言った。 「なに、お前が我々の王になるというのか。お前が我々を支配するというのか。」 兄たちは夢とその言葉のために、ヨセフをますます憎んだ。  ヨセフはまた別の夢を見て、それを兄たちに話した。 「わたしはまた夢を見ました。太陽と月と十一の星がわたしにひれ伏しているのです。」(聖書 創世記 37:7-9 新共同訳)

「父と兄弟」

 ヨセフさんは、エジプトに連れて来られてから紆余曲折の歩みを送っていましたが、遠く離れた故郷では、愛する息子はもうこの世にはいないと聞かされていた父と、ヨセフさんへの妬みゆえにそのような嘘をついて奴隷として売り飛ばしてしまった兄たちが暮らしていました。

 ヨセフさんはエジプトの地で大飢饉のときをむかえていましたが、その飢饉は例外なく故郷の家族たちにも襲い掛かってきていました。

 そこで、父と兄たちはある計画を立てました。

ヤコブは、エジプトに穀物があると知って、息子たちに、「どうしてお前たちは顔を見合わせてばかりいるのだ」と言い、更に、「聞くところでは、エジプトには穀物があるというではないか。エジプトへ下って行って穀物を買ってきなさい。そうすれば、我々は死なずに生き延びることができるではないか」と言った。そこでヨセフの十人の兄たちは、エジプトから穀物を買うために下って行った。(聖書 創世記42:13 新共同訳)

彼らの計画は、飢饉に見舞われた世界中の人たちが行っていたことと同じものでした。それが、エジプトに食糧を買いに行くということでした。

 この時、こんな大きな飢饉にも関わらず、エジプトに穀物がある理由がヨセフさんの政策によるものだということを知る由もありませんでした。

 そして、自分たちが今から向かうエジプトの地でヨセフさんの顔を見ることになるということを予想すらしなかったことと思います。

 勿論、ヨセフさんもそのようなことは頭になかったこと思います。

 しかし、神様は、この大飢饉を用いて、お互いに再開することを諦めていたであろう離れ離れになった家族を再び引き合わせようとしておられました。このように、神様の御計画の壮大さにはいつも驚かされるばかりです。

 かつて恨み恨まれた兄弟の再会は、どのようなものとなっていくのでしょうか。