主が良いと思われることを行ってくださるように / May the Lord’s will be done

私たちは神様に祈ります。私自身の祈りを振り返ってみると、祈りの中には神様への讃美や感謝もありますが、その多くは「願い」です。「神様、わたしが取り組んでいる計画がうまくいくようにしてください。」「わたしの願いが実現しますように。」…といった具合です。それらの祈りが間違っている訳では決してありません。「何事につけ、感謝を込めて祈りと願いをささげ、求めているものを神に打ち明けなさい」(フィリピ4:6)と聖書に書かれているからです。

しかしその一方で聖書は、私たちの願望よりも神様のみ旨が成就することを求めるように教えています。イエス様は十字架を前にしてこう祈られました。「父よ、御心なら、この杯をわたしから取りのけてください。しかし、わたしの願いではなく、御心のままに行ってください」(ルカ22:42)。

ある朝、聖書を読んでいると、次の言葉に目が留まりました。

「我らの民のため、我らの神の町々のため、雄々しく戦おう。主が良いと思われることを行ってくださるように」(歴代誌上19:13)。

これは、ダビデ王の家臣だったヨアブが戦いに出ていくときに語った言葉です。彼が自らの勝利や成功を願っていなかったはずはありません。しかし彼は戦いの前に自軍の勝利を祈るのではなく、「主が良いと思われること」が実現することを願い求めたのです。

以前読んだ本の一節が思い出されます。「祈りとは、自分の願いが聖霊の働きによって神のみこころに合致していくプロセスである」(『今日における奇蹟・いやし・預言』172ページ)。

私の祈りが、単なる自己実現の要求ではなく、神様のご計画の実現を心から願い求めるものへと日々作り変えられますように。

※山梨県・茅ケ岳からの富士山(撮影:2月10日)

We pray to God. When I looked back on my prayers, there was a few appreciation and praise, but most of them were “wishes”.

For example, “God, please lead my plan to success.” “God, please make my wish come true.”

They are not wrong prayers. It is written in the Bible as follows.

pray about everything. Tell God what you need, and thank him for all he has done.(Philippians 4:6 NLT) 

However, the Bible teaches us to ask God’s will rather than our wishes. This is a prayer of Jesus before the cross.

“Father, if you are willing, please take this cup of suffering away from me. Yet I want your will to be done, not mine.”  (Luke 22:42 NLT)

One morning I noticed this word when I was reading the Bible.

“Be courageous! Let us fight bravely for our people and the cities of our God. May the Lord’s will be done.”(1Chronicles 19:13 NLT)

This is the word David’s servant Joab spoke before the battle. He should have wanted to win the battle. But he demanded for achieve of God’s will, not his own victory.

It reminded me a sentence that I have read before.

“Prayer is the process by which my wish matches God’s will by the work of the Holy Spirit.”

I hope that my prayers will match God’s will.

ねたむ神 / Jealous God

私が小学生のころ、密かに思いを寄せていた女の子がいました。その子のことが好きなのに、そんなそぶりは決して見せないようにしながらも、いつもその子のことが気になっていました。他の男子がその子と仲良く話している姿を見ると、胸中穏やかではありませんでした。好きなはずの女の子にちょっかいを出し、時に悪態をついていたことを振り返ると、小学生だった自分の心の中に、確かに「ねたみ」という感情があったなあ、と思います。

「ねたみ」は非常に強い感情です。自分の方を向いて欲しい、自分を認めて欲しい、自分に愛情を注いで欲しい!という欲求が満たされないとき、私たちは「ねたみ」を覚えます。ドロドロとした、この感情を自分の力で支配することはほとんど不可能です。自分の心から「ねたみ」という感情が消えてなくなればいいのに!と思うことがしばしばです。

あなたはわたしのほかに、なにものをも神としてはならない。…あなたの神、主であるわたしは、ねたむ神であるから…。(旧約聖書 出エジプト20:3,5 口語訳)

神様は十戒の中でご自身を「ねたむ神である」と言われました。神様のご品性は私たちとは全く違うはずなのに、なぜ愛の神様がご自身を「ねたむ神」と言われたのでしょうか?それは、神様がそれほど強く私たちを愛してくださっているからです。私たちの思いが、他のものに向いてしまうとき、神様の心は深く傷つくのです。「あなたはわたしのほかに、なにものをも神としてはならない」と言われるほど深い愛を、この「ねたむ神」という言葉はあらわしているのではないでしょうか。

※高尾山麓の美味しい蕎麦屋さんで(撮影:1月21日)。

When I was a child, I liked a girl. However, I was careful not to express to my attitude that I like her. I liked her, so I was looking at her all the time.

When I saw another boy talking with her very friendly, my heart was very upset. At that time I noticed that “I am jealous.”

Jealous is a very strong emotion. We are jealous when we can not receive the affection or interest we want. We hardly can dominate it by myself. I often want to erase jealousy from my heart.

 “You must not have any other gods except me.… You must not worship or serve any idol. This is because I, the Lord your God, am a jealous God. (Exodus 20:3,5 ICB)

According to the Ten Commandments, God says about Himself “I am jealous God.”

Why did God say so? The character of God is different from us. He has perfect love. Because God loves us so much. When our hearts turn to other things, God grieves deeply. God said that  “You must not have any other gods except me.” He is seeking us so strongly. I think that God’s so strong love is expressed in this word.

夜はよもすがら泣き悲しんでも / Crying may last for a night

約一カ月ぶりに雨が降りました。窓の外から聞こえる雨音が、こんなにも心を落ち着かせてくれるものだったかと改めて感じました。私は澄み切った冬の青空が好きです。しかし、そんな天気も一カ月以上続くと雨が恋しくなります。空気はカラカラに乾燥してインフルエンザが流行しています。雨不足の影響で野菜の値段も上がり始めているようです。

気持ちよい快晴の日も、延々と続くと生活に支障が出てきます。ましてや、自分を取り巻く困難な状況が、いっこうに変わらないと「どこまで行けばこのトンネルは出口が見えるのだろう」と不安に駆られるものです。「開けない夜はない」よく言われる言葉ですが、先が見えない不安に心が締めつけられて途方に暮れるような日が私たちの人生にはあります。

詩篇記者は書きました。

主の聖徒よ、主をほめうたい、その聖なるみ名に感謝せよ。その怒りはただつかのまで、その恵みはいのちのかぎり長いからである。夜はよもすがら泣きかなしんでも、朝と共に喜びが来る。

(旧約聖書 詩篇30:4,5 口語訳)

自分の生活が平穏なときには「神様、感謝します!」と言えるかもしれません。しかし、夜な夜な涙を流すような試練の日々にも、同じように神様をほめたたえるのはとても難しいことです。しかし、聖書は涙の夜の先に喜びの朝が来ることを私たちに約束しています。私たちが人生の闇夜を歩むとき、希望の朝が備えられていることを思い起こす信仰が与えられますように。

It rained for the first time in a month. When I heard the sound of rain, I felt my heart comforted. Basically I like the sunny winter sky. But as it lasts for too long, I want rain. Recently, the air has been too dry, so influenza is prevalent. And the price of vegetables is rising.

We like sunny days. However, if it lasts for a long time, some difficulties will arise. When the difficult situation we face lasts long, we are disappointed. “Where is the exit in this tunnel?”

There is such a day in our life.

His anger lasts only a moment.
    But his kindness lasts for a lifetime.
Crying may last for a night.
    But joy comes in the morning.(Psalms 30:5 ICB)

When our lives are going well, we can thank God. However, it is difficult to thank God when difficulty continues. However, the Bible promises to us. The night of sorrow will eventually change in the morning of joy. I pray that we can remind that God is preparing hope morning when we walk on the night of sorrow.

本心に立ちかえる時 / “When he came to himself”

新約聖書ルカによる福音書15章に書かれている3つの例え話には、共通のテーマがあります。それは「失われたものを尋ね出して救う」というテーマです。有名な「放蕩息子のたとえ」の中で、父親の財産を受け取った弟は家を飛び出して遠い国へ行き、放蕩の限りを尽くし、すべてを使い果たしてしまいました。悪いことは重なるもので、ちょうどその時ひどい飢饉がやってきて、彼は食べるものにも窮し始めてついには豚のえさを食べたいと思うほどに追い詰められてしまいました。その時の様子が次のように書かれています。

そこで彼は本心に立ちかえって言った、『父のところには食物のあり余っている雇人が大ぜいいるのに、わたしはここで飢えて死のうとしている。立って、父のところへ帰って、こう言おう、父よ、わたしは天に対しても、あなたにむかっても、罪を犯しました。

(新約聖書 ルカによる福音書15:17,18 口語訳)

彼が「本心に立ちかえっ」たのは、遠く父の家を離れ、すべての財産と友人、食べるものまでも失ったときでした。英語の聖書ではこの箇所が“when he came to himself”(彼が彼自身に戻ったとき)と書かれています。私はこの物語を読むときに、この弟だけが特別に愚かな人間だったとは思えません。彼と同じように、大切な何かを見失っていた私たちが「本心に立ちかえる」のは、何かを失ったときなのではないかと思うからです。

私たちが何かを失って途方に暮れる時、それは「本当の自分に立ち帰る」機会なのかもしれません。この父親が息子を諦めずに待っていたように、父なる神様も私たちが本来あるべき場所に帰って来るのを、今日も忍耐強く待ち続けておられるのです。

 

※高尾山頂で富士山をバックに(2019年1月21日撮影)。

There are three parables in Luke 15. They have a common theme. The theme is that God is looking for a lost one. “The Prodigal son” is very famous parable. The prodigal son received huge money from his father and he went to a far country. Then he wasted all the money and time. When he had spent everything, a severe famine came to the country, so he couldn’t get food.

 “But when he came to himself, he said, ‘How many of my father’s hired servants have more than enough bread, but I perish here with hunger! I will arise and go to my father, and I will say to him, “Father, I have sinned against heaven and before you.(Luke 15:17,18 ESV)

When he lost everything so he was able to come to himself. I think that stupid person is not only the son but also us. Because we often do not come to ourselves until we lose something important. When we lose something, it may be a good opportunity to come to ourselves.

As the father waited without giving up his son, God is waiting for us to return.

心の目を開いてくださるように / “I pray that the eyes of your heart may be enlightened”

広辞苑で「盲点」という言葉を調べてみると、「網膜で、機能上見えない部分。人の見落としがちなところ」と書かれていました。確かに私たちの目や心は、ある一定の物事を認識していますが、様々な理由で見落としてしまっていることもたくさんあります。

「当たり前」と思い、感謝もせずに過ごしていた日々の小さな出来事のひとつひとつが、どんなに幸せなことだったかを後になってから気づかされることがあります。

毎晩ぐっすり眠れることのありがたさを実感したのは、眠れぬ苦しい夜を体験したときでした。

使徒パウロは、エフェソ教会に向かって彼の祈りを書き送りました。

どうか、わたしたちの主イエス・キリストの神、栄光の源である御父が、あなたがたに知恵と啓示との霊を与え、神を深く知ることができるようにし、心の目を開いてくださるように。そして、神の招きによってどのような希望が与えられているか、聖なる者たちの受け継ぐものがどれほど豊かな栄光に輝いているか悟らせてくださるように。また、わたしたち信仰者に対して絶大な働きをなさる神の力が、どれほど大きなものであるか、悟らせてくださるように。

(新約聖書 エフェソ1:17~19 新共同訳)

心の目が開かれなければ、神様が私たちに与えてくださった祝福の数々の素晴らしさに気づくことは出来ないのだとパウロは言います。私はクリスチャンとして、神様を知っているつもりでいたけれど、本当に神様を知っているのだろうか?と自問させられました。もっと深く神様を知る者に、そして「絶大な働きをなさる神の力」を本気で信じる者になりたいと願っています。

※久慈浜海水浴場と日立灯台(撮影:1月3日)

There is a “blind spot” in our eyes and mind. Although I am surely watching “it”, I often do not notice “it”.

We often think take everything (foods, clothes, house, health etc) for granted. However, when I couldn’t sleep well, I realized the importance of sleep.

Paul said in a letter to Ephesus church:

 I keep asking that the God of our Lord Jesus Christ, the glorious Father, may give you the Spirit of wisdom and revelation, so that you may know him better. I pray that the eyes of your heart may be enlightened in order that you may know the hope to which he has called you, the riches of his glorious inheritance in his holy people, and his incomparably great power for us who believe. (Ephesians 1:17-19 NIV)

He said that if our mind’s eye are closed, we can’t know God deeply. His words are asking me. “Is your mind’s eye open?” “Do you really know God?”

I want to know God deeply more, and I want to believe His limitless power.