「和解」

父ヤコブさんの埋葬も済み、エジプトへと帰って来た一同でしたが、ヨセフさんの兄弟たちは1つの不安を抱えていました。

 ヨセフの兄弟たちは、父が死んでしまったので、ヨセフがことによると自分たちをまだ恨み、昔ヨセフにしたすべての悪に仕返しをするのではないかと思った。

(聖書 創世記 50:15新共同訳)

ヨセフさんは、兄弟たちと再会を果たした際に、これは全て神様が導いてくださったことですと言って赦しを表明していました。

 しかし、兄たちの心の中では、父がいることでヨセフさんの復讐心が緩和されているのではないかと思っていたようでした。その頼みの綱の父がいなくなった今、今度こそヨセフさんが過去の酷い仕打ちに対する復讐をしてくるのではないかという恐れを抱いていたました。確かに、エジプトの権力者であるヨセフさんが、復習のために命令を出せばどうにでもなってしまう可能性はありました。

そこで、人を介してヨセフに言った。「お父さんは亡くなる前に、こう言っていました。『お前たちはヨセフにこう言いなさい。確かに、兄たちはお前に悪いことをしたが、どうか兄たちの咎と罪を赦してやってほしい。』お願いです。どうか、あなたの父の神に仕える僕たちの咎を赦してください。」これを聞いて、ヨセフは涙を流した。

(聖書 創世記 50:1617 新共同訳)

 兄たちは、父からの言葉として、ヨセフさんに赦しを請いました。ここでもまたヨセフさんは涙を流しました。ここまで再会を喜んで生活をしてきたのにも関わらず、まだ兄たちの中にそのような不安が残ってしまっていたということは、ヨセフさんにとって悲しいことであったことと思います。

ヨセフは兄たちに言った。「恐れることはありません。わたしが神に代わることができましょうか。 あなたがたはわたしに悪をたくらみましたが、神はそれを善に変え、多くの民の命を救うために、今日のようにしてくださったのです。どうか恐れないでください。このわたしが、あなたたちとあなたたちの子供を養いましょう。」 ヨセフはこのように、兄たちを慰め、優しく語りかけた。(聖書 創世記 50:1921 新共同訳)

 この出来事を通して、晴れて、殺意を持つほどに弟を憎んでいた兄たちと、その感情によって奴隷として売り飛ばされてしまったヨセフさんの間に、本当の和解が訪れました。

兄たちの恨みや妬みによって奴隷として売り飛ばされたことが、結果的にエジプトの地で権力者となることで兄たちを救うこととなりました。

キリストは、私たちの抱えている罪のために、その妬みや憎しみによって十字架にかけられました。しかし、キリストはそれを通して私たちに救いをもたらしてくださいました。そして、王位につかれました。

そのキリストは、罪人の私たちを愛し赦してくださるお方です。悔い改めて罪を告白する時、私たちはその大きな愛と赦しを経験することができます。

「丁寧な埋葬」

息子たちに祝福の言葉を残し、ついにヤコブさんは眠りにつきました。死者の埋葬方法は国によって様々ですが、ヤコブさんはエジプトの地で亡くなったため、エジプト式の埋葬準備がなされました。

ヨセフは自分の侍医たちに、父のなきがらに薬を塗り、防腐処置をするように命じたので、医者はイスラエルにその処置をした。 そのために四十日を費やした。この処置をするにはそれだけの日数が必要であった。エジプト人は七十日の間喪に服した。

(聖書 創世記 50:23新共同訳)

 エジプトでは、埋葬のために内臓を取り出したり液体につけたりと様々な処置を長い日数をかけて行います。

 このように、エジプト式で丁寧に処置を施された後、ヨセフさんは父の思いを叶えるためにカナンの地へ葬りに行かせてほしいと願い出ました。そして、ファラオも快く承諾したため、埋葬へと向かいました。

ヨセフは父を葬りに上って行った。ヨセフと共に上って行ったのは、ファラオの宮廷の元老である重臣たちすべてとエジプトの国の長老たちすべて、それにヨセフの家族全員と彼の兄弟たち、および父の一族であった。ただ幼児と、羊と牛の群れはゴシェンの地域に残した。また戦車も騎兵も共に上って行ったので、それはまことに盛大な行列となった。

(聖書 創世記 50:79新共同訳)

 エジプトで重役だったヨセフさんの父親を埋葬するということもあり、その埋葬行列は相当な規模のものとなりました。

 そして、この大行列は、それを目の当たりにした現地の人たちにとって相当インパクトのある光景となりました。

その土地に住んでいるカナン人たちは、ゴレン・アタドで行われた追悼の儀式を見て、「あれは、エジプト流の盛大な追悼の儀式だ」と言った。それゆえ、その場所の名は、アベル・ミツライム(エジプト流の追悼の儀式)と呼ばれるようになった。それは、ヨルダン川の東側にある。(聖書 創世記 50:11 新共同訳)

ヨセフさんのエジプトにおける周囲からの信頼は、父の埋葬の時の盛大さからも伝わってきます。

「おのおのにふさわしい祝福」

ヨセフさんの2人の息子を祝福したヤコブさんは、死を前にして12人の息子たちを集めて最後の言葉を語りました。

ヤコブは息子たちを呼び寄せて言った。 「集まりなさい。わたしは後の日にお前たちに起こることを語っておきたい。 ヤコブの息子たちよ、集まって耳を傾けよ。 お前たちの父イスラエルに耳を傾けよ。(聖書 創世記 49:12 新共同訳)

死ぬ直前の父から息子たちへの最後の言葉ということで、きっと感動的な言葉が語られるのだろうと期待したかもしれません。しかし、ここで父の口から語られた言葉は、それぞれの送って来た人生と、それぞれの子孫が歩んでいく将来の姿でありました。ある者はこれまでの人生における過ちとそれにともなう結果が語られました。また、ある者は大きな役割を担うことが告げられました。

ユダよ、あなたは兄弟たちにたたえられる。 あなたの手は敵の首を押さえ 父の子たちはあなたを伏し拝む。(聖書 創世記 49:8 新共同訳)

ユダさんは、長男ルベンさんの失態によって長子の特権を受けたリーダーでした。そして、兄弟たちの中でも特に弟をお思いやる気持ちのある人物でした。

そのユダさんの子孫に対してこのようなことが告げられました。

王笏はユダから離れず 統治の杖は足の間から離れない。 ついにシロが来て、諸国の民は彼に従う。(聖書 創世記 49:10 新共同訳)

これは、ユダの子孫からメシアが誕生するというものでした。このユダ族が、イエス・キリストに繋がる系図をつくっていきました。

父の口から語られた祝福の言葉の差に関して、昔の兄弟たちなら妬みや恨みを覚えて言い争っていたかもしれませんが、成長した彼らはそれぞれに語られた父の言葉を真剣に聞きました。

これらはすべて、イスラエルの部族で、その数は十二である。これは彼らの父が語り、祝福した言葉である。父は彼らを、おのおのにふさわしい祝福をもって祝福したのである。(聖書 創世記 49:28 新共同訳)

父ヤコブさんは、息子たちを心から愛して、誰かをえこひいきすることなく、全員に対してその愛を注ぎました。そして、おのおのにふさわしい祝福をしたのでした。

死に際にこんなことを言いたくないということもあったかもしれません。しかし、これも父の愛でした。それゆえに、ただの譴責ではなく、おのおのにふさわしい祝福の言葉としてそれぞれが最後の言葉を受け取っていきました。

「上に立てられる」

 目のかすんできていたヤコブさんによって祝福を受けたヨセフさんの2人の息子マナセとエフライムでしたが、その祝福の際にヨセフさんにとって不満を感じる出来事が起こっていました。

ヨセフは二人の息子のうち、エフライムを自分の右手でイスラエルの左手に向かわせ、マナセを自分の左手でイスラエルの右手に向かわせ、二人を近寄らせた。イスラエルは右手を伸ばして、弟であるエフライムの頭の上に置き、左手をマナセの頭の上に置いた。つまり、マナセが長男であるのに、彼は両手を交差して置いたのである。

(聖書 創世記 48:1314 新共同訳)

 祝福の際に右手を長男のマナセさん、左手をエフライムさんに置いてもらうはずでした。しかし、ヤコブさんは何故かその手を逆に置いたのでした。

それに対してヨセフさんは不満を抱きました。

ヨセフは、父が右手をエフライムの頭の上に置いているのを見て、不満に思い、父の手を取ってエフライムの頭からマナセの頭へ移そうとした。ヨセフは父に言った。「父上、そうではありません。これが長男ですから、右手をこれの頭の上に置いてください。」

(聖書 創世記 48:1718 新共同訳)

長男に長男としての祝福を与えてほしいと思うのは父であるヨセフさんからするとあたりまえのことだったと思います。また、もしかすると目がかすんでいたので間違ってしまったと思ったかもしれません。

しかし、この出来事は間違いではなく、確かに祝福を与えるヤコブさんの意図したことでした。

ところが、父はそれを拒んで言った。「いや、分かっている。わたしの子よ、わたしには分かっている。この子も一つの民となり、大きくなるであろう。しかし、弟の方が彼よりも大きくなり、その子孫は国々に満ちるものとなる。」その日、父は彼らを祝福して言った。「あなたによって イスラエルは人を祝福して言うであろう。『どうか、神があなたを エフライムとマナセのように してくださるように。』」 彼はこのように、エフライムをマナセの上に立てたのである。(聖書 創世記 48:19-20 新共同訳)

このような理由から、兄ではなく弟が上に立てられました。そして、エフライムさんの子孫は実際にこの後大きな役割を担っていくこととなりました。

振り返ると、ヤコブさんも兄から長子の特権を奪い、ヨセフさんも兄たちがひれ伏す存在となりました。その中にはドロドロとした人間関係がありました。しかし、神様の御計画の中でそれらが導かれてきたのでした。

「目がかすんでいても」

 死期が迫っていることを悟り、ヨセフさんに対して遺言を伝えたヤコブさんでしたが、その後再びヨセフさんを自分のもとへ呼ぶこととなりました。

これらのことの後で、ヨセフに、「お父上が御病気です」との知らせが入ったので、ヨセフは二人の息子マナセとエフライムを連れて行った。  (聖書 創世記 48:1新共同訳)

 147歳という高齢であり、病気を患ったことで本当に死期が近づいたことを感じていたことと思います。ヨセフさんは、そんな父親のもとに2人の息子を連れてお見舞いに向かいました。

 そこで、父からあるお願いをされました。

今、わたしがエジプトのお前のところに来る前に、エジプトの国で生まれたお前の二人の息子をわたしの子供にしたい。(聖書 創世記 48:5新共同訳)

 ヤコブさんは、2人の孫を養子にしたいと申し出ました。この2人の孫は、ヨセフさんがエジプトで結婚をして授かった子どもでした。つまり、イスラエル人の血とエジプト人の血をひいているわけです。

 本当であれば、この2人の孫はこの後エジプト人として高い地位を受けていくことができるはずでした。しかし、ヤコブさんは、神様に祝福されたイスラエルの家系にこの2人を招き入れたいと願いました。また、それは何よりも父ヨセフさんの願いでもありました。

イスラエルは、ヨセフの息子たちを見ながら、「これは誰か」と尋ねた。 ヨセフが父に、「神が、ここで授けてくださったわたしの息子です」と答えると、父は、「ここへ連れて来なさい。彼らを祝福しよう」と言った。 イスラエルの目は老齢のためかすんでよく見えなかったので、ヨセフが二人の息子を父のもとに近寄らせると、父は彼らに口づけをして抱き締めた。 (聖書 創世記 48:810 新共同訳)

 イスラエル、つまりヤコブさんは、この2人の息子を祝福する際、老齢のため目が良く見えない状態になっていました。まさに、自分が騙した父親のイサクさんと同じような状況にありました。2人の孫がエジプト人として高い地位を求めて生きたいと願ってこの申し出を良く思わなければ、騙すこともできたかもしれません。

しかし、ヨセフさんとその2人の息子は、目の良く見えないヤコブさんを騙すことなく、神様に従う生き方を選んでいったのでした。