ショートメッセージ」カテゴリーアーカイブ

「祝福の与え主」

ヤコブさんは、伯父のラバンさんのもとで忠実に働きました。勿論、それはラケルさんと結婚するためでもありました。しかし、結婚した後もヤコブさんは忠実に働いていました。その結果、ヤコブさんは神様から大きく祝福されました。

また、ヤコブさんが祝福されることは、伯父のラバンさんにとっても嬉しいことでした。自分のもとで働いている人が祝福されれば、結果的にその祝福に与る事ができ

るからです。

ヤコブさんもそれは認めていました。「わたしが来るまではわずかだった家畜

が、今ではこんなに多くなっています。わたしが来てからは、主があなたを祝福しておられます。」(聖書 創世記30:30 新共同訳)

このことで一つの問題が起こりました。ある

日、ヤコブさんは言いました。

「わたしを独り立ちさせて、生まれ故郷へ帰らせてください。わたしは今まで、妻を得るためにあなたのところで働いてきたのですから、妻子と共に帰らせてください。あなたのために、わたしがどんなに尽くしてきたか、よくご存じのはずです。」(聖書 創世記30:25∼26 新共同訳)

しかし、祝福のもとと思っていたヤコブさんを失うことにためらいを覚えているラバンさんは、当然ヤコブさんを手放すことはしたくありません。そして、ここからヤコブさんとラバンさんの駆け引きが始まっていくことになります。

ヤコブさんの祝福は神様からのものでした。祝福されている人を抱え込むのではなく、祝福の与え主である神様に目を向けることはとても大切なことですね。

「自分の力ではなく」

伯父のラバンさんの策略により、レアさんとラケルさんの2人と結婚することになったヤコブさんでしたが、やはりヤコブさんにとっての本命は妹のラケルさんでした。そのことが一夫多妻の家庭に争いをもたらしました。

姉のレアさんは、子どもが生まれる度に「これで夫は私を愛してくれる」という思いを抱きました。そして、レアさんには4人の男の子が産まれました。

しかし、妹のラケルさんには子どもが与えられませんでした。そのことを切っ掛けに「ラケルは、ヤコブとの間に子供ができないことが分かると、姉をねたむように」(聖書 創世記30:1 新共同訳)なりました。

そして、ヤコブさんに向かってこのように嘆きました。「わたしにもぜひ子供を与えてください。与えてくださらなければ、わたしは死にます」(同30:1)。

愛する人からそんなことを言われたヤコブさんはとても複雑な気持ちだったのではないかと思います。ヤコブさんはラケルさんに言いました。

「わたしが神に代われると言うのか。お前の胎に子供を宿らせないのは神御自身なのだ。」(聖書 創世記30:2 新共同訳)

この後、レアとラケルの姉妹は、どちらが多く子どもを産むかということをステータスとして、自分たちの女奴隷も巻き込んでの争いが勃発しました。結局、ラケルさんには子どもが与えられないままでしたが、最後に神様はラケルさんの願いを聞き入れ、1人の男の子を与えてくださいました。

もしかすると、子どもが与えられず姉との争いを繰り広げていた時には、それは神様が与えてくださるんだということなど忘れてしまっていたかもしれません。しかし、ヤコブさんの言ったように、それは人間の力や人間の都合ではなく、神様が与えてくださるものです。

ラケルさんは、本当に苦しんだ中で神様から与えられた尊い息子を見て、このように言いました。「神がわたしの恥をすすいでくださった」(聖書 創世記30:23 新共同訳)

 

 

「騙されたけれども」

伯父のラバンさんのもとで働きながら暮らすことになったヤコブさんは、ラバンさんに対して一つのお願いをしました。

「下の娘のラケルをくださるなら、わたしは七年間あなたの所で働きます」(聖書 創世記29:18 新共同訳)

これは、出発前に父から言われたことを忠実にはたすことになる大切なお願いでした。

「イサクはヤコブを呼び寄せて祝福して、命じた。『お前はカナンの娘の中から妻を迎えてはいけない。ここをたって、パダン・アラムのべトエルおじいさんの家に行き、そこでラバン伯父さんの娘の中から結婚相手を見つけなさい。』」(聖書 創世記28:1∼2 新共同訳)

さて、ラバンさんは快くその願いを受け入れ、七年間の働きが始まりました。7年

というと、とても長く思えてしまいますが、ヤコブさんにとってはそうでもなかったようです。

「ヤコブはラケルのために七年間働いたが、彼女を愛していたので、それはほんの数日のように思われた。」(聖書 創世記29:20 新共同訳)

約束の期間、しっかりと働いたヤコブさんでしたが、彼を待っていたのは衝撃の結末でした。ラケルさんとの結婚を夢見て一所懸命に働いたのにも関わらず、結婚相手として与えられたのはラケルさんではなく、お姉さんのレアさんでした。

これは労働力となるヤコブさんを手放すことを惜しんだ伯父のラバンさんによって仕組まれたことでした。

結局、ヤコブさんは更に七年間の期間働くことを条件に念願のラケルさんとの結婚を果たしたのでした。

最初の七年は数日のようだったヤコブさんでしたが、後半の七年はどうだったのでしょうか。しかし、どんな状況になったとしても、ヤコブさんのラケルさんに対する愛は変わることがなく、理不尽な条件のもとに置かれたとしても忠実に働いたのでした。

「お土産はなくても」

ヤコブさんは、兄の怒りから逃れるため家を離れ旅を始めたわけですが、行く当てもなく荒野をさ迷っていたわけではありませんでした。

旅立つ前に、母から行き先を示されていました。「わたしの子よ。今、わたしの言うことをよく聞き、急いでハランに、わたしの兄ラバンの所へ逃げて行きなさい。」(聖書 創世記27:43 新共同訳)

ヤコブさんは、この母の言葉に従い、伯父にあたるラバンさんの家を目指してハランに向けて旅を続けていたのでした。

ヤコブさん1つの井戸を見つけました。そこにいた人たちに話を聞くと、ハランの人たちであることがわかりました。そして、ヤコブさんはついに伯父のラバンさんの家にたどり着くことができたのでした。

本当なら、親戚の家にお世話になるにあたり、お土産の品をしっかりと揃えて行くのが普通でしたが、事情が事情なだけに、ヤコブさんは身ぐるみ一つで家から逃げて来た身でした。

複雑な事情の故に何も持たずに自分のもとを訪ねて来た甥っ子を、伯父のラバンさんはこのように迎え入れました。

「ラバンは、妹の息子ヤコブの事を聞くと、走って迎えに行き、ヤコブを抱き締め口づけした。それから、ヤコブを自分の家に案内した。ヤコブがラバンに事の次第をすべて話すと、ラバンは彼に言った。「お前は、本当にわたしの骨肉の者だ。」」(聖書 創世記29:13∼14 新共同訳)

身も心も孤独の中、神様の臨在を確信し、目的地を目指して歩き続けたヤコブさんは、親戚の家で新たな生活が始まったのでした。

しかし、ここでハッピーエンドではありませんでした。この伯父の家において、更なる試練がヤコブさんを待ち受けていました。

「与え主への感謝の意」

孤独の旅の途中、夢を通して神様の力強い約束の言葉を聞いたヤコブさんは、眠りから覚めるとこのように言いました。

「まことに主がこの場所におられるのに、わたしは知らなかった。」(聖書 創世記28:16 新共同訳)

自分は今孤独な旅をしていて、たった独りだと思っていたけれども、目には見えない神様がいつも共にいてくださるんだという確信を得たのでした。ヤコブさんにとって本当に心強い約束だったことと思います。

ヤコブさんは目が覚めると、自分が枕した場所に神の家という名前をつけました。

そして、神様から祝福の言葉を受けたヤコブさんは、神様に対してこのような誓願を立てました。

「ヤコブはまた、誓願を立てて言った。『神がわたしと共におられ、わたしが歩むこの旅路を守り、食べ物、着る物を与え、無事に父の家に帰らせてくださり、主がわたしの神となられるなら、わたしが記念碑として立てたこの石を神の家とし、すべて、あなたがわたしに与えられるものの十分の一をささげます。』」(聖書 創世記28:20∼22 新共同訳)

全て必要なものを与えてくださる神様に対して、その与えてくださったものの中から十分の一を神様にささげるという約束でした。これは、ヤコブさんの神様に対する心からの感謝を表すものでした。

私たちは、それぞれの状況や環境によって、持っているものの大小があるかもしれません。しかし、私たちの持っているものは、全て神様が与えてくださったものです。私たちもヤコブさんのように心からの感謝をもって、与え主である神様にその意を表す歩みをしてみませんか?