ショートメッセージ」カテゴリーアーカイブ

どんな人か見たいと思っていた / “ He wanted to see who Jesus was”

今週の月曜日、いつものようにランニングをしていると、ものすごい数の警察車両や警官が道路沿いを警備していました。近くにいた警察官に「どなたが来られるのですか?」と聞いてみると、「天皇陛下ご夫妻がお墓参りに来られるのですよ。」とのことでした。

そうこうしているうちに、道路沿いにはたくさんの人が集まってきました。交差点が規制されてしばらくすると白バイに先導されて天皇皇后両陛下の専用車がやってきました。ほんの一瞬のことでしたが、この目で天皇皇后両陛下のお姿を見ることが出来ました。初めての経験でしたので、とても嬉しかったです。そのとき、ルカによる福音書に出て来るザアカイの物語を思い出しました。

イエスは、その場所にこられたとき、上を見あげて言われた、「ザアカイよ、急いで下りてきなさい。きょう、あなたの家に泊まることにしているから」。

(新約聖書 ルカによる福音書19:5 口語訳)

3節には「彼は、イエスがどんな人か見たいと思っていた」と書かれています。イエス様に会うことを熱望し、イエス様の一行が進む道を先回りして木に登って待っていたザアカイがイエス様から個人的に声をかけられた時、彼はどんなに嬉しかったことでしょう!ザアカイは自分に出来る限りの準備をしてイエス様を待っていました。そして念願かなってイエス様と会うことが出来ました。私たちもいま、再びおいでになるイエス様を待っています。私たちはザアカイのように、ひたむきな気持ちでその時を待ち望み、準備をしているでしょうか?私はイエス様が再び来られる日、あの日のザアカイのような気持ちでイエス様をお迎えしたいです。

I went to running on holiday morning as usual. As I was running I noticed that there were many policemen and police car beside the road.

I asked one of them, “What’s going on? Is anyone important coming here?”

He answered, “The Emperor and Empress are going to their tomb for special ceremony. They will pass here soon.”

When I heard this, I was so excited. Because it was my first experience to see the Emperor. As the policeman said, the Emperor and Empress came there soon. It was only for a moment but I was able to see the Emperor and the Empress.

At that time, it reminded me of the story of Zacchaeus.

When Jesus reached the spot, he looked up and said to him, “Zacchaeus, come down immediately. I must stay at your house today.”  (Luke 19:5 NIV)

The Bible says,“He wanted to see who Jesus was,”(19:3).

Zacchaeus wanted to see Jesus, so he prepared for that. He looked up where Jesus was about to pass and was waiting at the place which was on a tree.

Finally, he was able to see Jesus. Not only was he able to see Jesus, but Jesus spoke to Zacchaeus personally! How pleased he was!

He did his best to prepare to meet Jesus. Then he was able to meet Jesus.

We are waiting for Jesus to come again. Are we preparing for the best just like Zacchaeus did? I would like to welcome Jesus happily like Zacchaeus when Jesus comes.

新年の願い / My goal this year

新年、明けましておめでとうございます。新しい年、皆さまの歩みが神様によって祝福されますように。

今年の私の個人的な目標・願いは、神様と一対一で交わる時間をもっと充実させることです。これまで忙しかったり、あるいは疲れていたりして祈ったり聖書を読むための時間を十分に取れないまま過ごしたことがしばしばありました。そんな生活はあたかも「神様、わたしの人生にあなたからの助けは必要ありません。自分で何とか出来ますから。」と言っているかのようです。その結果、心が燃料切れのような状態になりながらも、なんとか日々をやり過ごしてきました。

ヤコブは神様の言葉に従って故郷へ帰ろうとしたとき、過去に自分が犯した罪の重荷と、兄エサウへの恐怖心に苦しみ、神様からの使いと格闘して一夜を過ごしました。彼は神様からの使いに必死にしがみつきながら言いました。

「わたしを祝福してくださらないなら、あなたを去らせません」。(旧約聖書 創世記32:26 口語訳)

その時のヤコブの気持ちをエレン・ホワイトは次のように書いています。

彼は、その夜祈り明かすことにし、神と自分だけになりたいと思った。…ヤコブは、破滅が目前に迫って、ヤボク川のほとりで苦闘した夜、人間の助けのむなしさと、人間の力に頼ることの不安定さを教えられた。彼は、唯一の援助は神から来るべきであることを悟った。(『人類のあけぼの』18章より)

神様、どうか私にこのヤコブのようなひたむきさをお与えください。日々、心からの飢え渇きを覚えつつ、他からではなく、あなたからの力を求め続ける者へと私を作り変えてください…。それが私の祈りです。

※茨城県日立市久慈浜海岸の日の出です(撮影:2019年1月3日)。

A happy new year! May God bless your year.

This is my goal this year. I want to further strengthen the relationship with God. I often did not have enough time to spend in prayer and Bible study. Because I was busy or tired. This is as if I am saying to God; “God, I do not need you, I can do it by myself”. As a result, I almost burned out.

When Jacob submitted to the message from God and he tried to go back to his hometown, he was very suffering from the feeling of guilt and the fear of Esau tormented him.

That night, Jacob fought overnight with the angel God had sent. Then Jacob said to him,

“I will not let you go unless you bless me.” (Genesis 32:26 ESV)

Ellen White describes Jacob’s feelings at that time as follows.

“He had decided to spend the night in prayer, and he desired to be alone with God. God could soften the heart of Esau. In Him was the patriarch’s only hope.

In his night of anguish beside the Jabbok, when destruction seemed just before him, Jacob had been taught how vain is the help of man, how groundless is all trust in human power. He saw that his only help must come from Him against whom he had so grievously sinned.( “Patriarchs and Prophets” Chapter 18)

This is my prayer. “God, please change me, please give me a heart to seek  You strongly like Jacob,and please give me a hunger for you.”

終わりまであなたの道を行きなさい / “Go your way till the end”

2018年も間もなく終わろうとしています。どんな一年をお過ごしになったでしょうか。充実した時間を過ごした方、あるいは不本意な一年だったという方、あるいは「色々あり過ぎて、とても一言では言い表せない」という方もおられるかもしれません。

一年間を締めくくろうとするこの時期に、私はダニエル書の最後の一節が思い出されました。

「しかし、終りまであなたの道を行きなさい。あなたは休みに入り、定められた日の終りに立って、あなたの分を受けるでしょう」。

(旧約聖書 ダニエル書12:13 口語訳)

厳粛な思いにさせられる言葉です。また、励まされる言葉でもあります。

「あなたの道を行きなさい」、と書かれています。自分は自分らしく、そして自分が歩むべき道を進んできただろうか?と考えさせられる言葉です。自分の歩みを他人と比較して一喜一憂するのではなく、ただ愚直に自分に与えられた道を歩み通すことに徹してきたなら、結果がどうであれ、穏やかな気持ちで一年を終えることが出来るのではないでしょうか。ダニエルの生涯には様々な困難がありましたが、それでも彼は神様に忠実に自分の道を最後まで歩み通しました。私たちも一年間の、そして自分に与えられた生涯の終わりの日まで、自分に与えられた道をしっかり歩み通したいものです。

皆さまの今年一年のすべての労を、神様が豊かにねぎらってくださいますように。

※山梨県北杜市・美し森で(撮影:2018年12月27日)。

Year 2018 is coming to an end. How was this year for you? Some of you might have had a fulfilling year, or for some of you it might have been a difficult year. Maybe some of you are thinking, “I’ve had so many different things happened that I can’t express this year in one word”. As we are about to wrap up the year, I was reminded of the last text of the book of Daniel.

“But you, go your way till the end; for you shall rest, and arise to you inheritance at the end of the days.” (Daniel 12:13 NKJV)

These words found in Daniel makes us feel awed and encouraged as well.

This calling “go your way” challenges us to reflect on our journey so far. “What is my way that God is wanting me to go?” If we stop comparing ourselves to others and with simple honesty, walk through our ways that God had given us, we surely will be able to finish this year strong. Daniel experienced various difficulties throughout his life, but he had faithfully walked through his way till the end. I hope that each one of us will go our way firmly that God has given us until the end of our life on earth just like Daniel did.

May the loving God abundantly bless all your work this year and gives you hope for another upcoming year.

 

(Translation : Kenta Yamaguchi)

悲しんでいる人たちは、さいわいである / “Blessed are those who mourn”

今年もいよいよクリスマス本番を迎えようとしています。クリスマスソングやツリーなど、街はクリスマス一色です。にぎやかでワクワクするこの季節になると、いつも心に引っかかることがあります。

それは、このクリスマスにも、悲しみや苦しみ、不安を抱えて過ごしておられる方々がたくさんおられるということです。周囲の人たちが楽しそうに過ごしているのを見れば見るほど、孤独を覚え、自分の抱えている闇がより一層深く感じられる、そんなつらい時期を過ごしたことのある方も多いのではないでしょうか。

イエス様がお生まれになった場面の記録を読むとき、私は心が慰められます。

イエス様は、全宇宙の王であったにもかかわらず、盛大に誕生を祝われることはなく、むしろ社会のすみっこにひっそりと暮らしているような人たちが、真っ先にこの素晴らしい知らせを知ることになりました。

このようにお生まれになったイエス様は、やがて多くの人々を教え、癒し、幸福にするために自らを犠牲にして働かれました。これはイエス様の説教の一節です。

「こころの貧しい人たちは、さいわいである、天国は彼らのものである。悲しんでいる人たちは、さいわいである、彼らは慰められるであろう。」(新約聖書 マタイによる福音書5:3,4 口語訳)

神様、どうかいま病や心の苦しみの最中にある人をかえりみてください。このクリスマスの季節に、深い悲しみの中にある人の心に、あなただけがお与えになることが出来る、本当の慰めを注いでください。―――心からそう祈りたいと思います。

※昼下がりの高原の風景(山梨県北杜市)

Christmas is just around the corner and streets are in full Christmas mode. Every year in this particular period when everyone is happy and excited, there is one thing that bothers me that makes me not able to sincerely enjoy this moment.

Even in this fun atmosphere, there are many people who are suffering from helpless diseases or depression. It makes their suffering even worse when in Christmas people around are having precious time with their loved ones and having fun. Maybe you’ve had this experience too.

However, when I read the scene of Jesus’ birth, my heart is comforted. Jesus was the king of the universe, but when Jesus was born on earth, there was no grand celebration at all. It was the scholar from foreign country and the shepherds who were not of the highest social status that heard this wonderful news of Jesus’ birth and came to celebrate Him.

Jesus surrenders His whole life teaching, healing and serving people to make them enter the kingdom of heaven. This is one verse from the sermon on the mount.

 “Blessed are the poor in spirit, for theirs is the kingdom of heaven.

“Blessed are those who mourn, for they shall be comforted(Matthew 5:3,4 ESV).

I sincerely pray that Jesus will give heavenly comfort that only Jesus can provide to those who are in the midst of suffering, to those who are depressed, and to those who are in pain especially in this season of Christmas.

 

あなたは立ち直ったら / “When you have turned again”

先日山登りに行きました。絶好の天気に恵まれ、美しい自然を堪能することが出来ました。頂上で写真を撮り、景色を楽しんだあと、その日の2つ目の頂上を目指しました。少し気がせいていたのでしょうか、下り坂で木の根に足を引っ掛けてつまずいてしまいました。自分では「気をつけて歩いている」「大丈夫、転ばない」と思っていたのですが、見事に転んでひざをすりむきました。

転ぶことが好きな人はいません。しかし、「自分はこれまでの人生でつまずいたことがない」という人はいません。生きるということは、転んだり失敗したりすることの連続です。

わたしはイエス様がペテロに語られたこの言葉が大好きです。

「シモン、シモン、サタンはあなたがたを、小麦のようにふるいにかけることを神に願って聞き入れられた。しかし、わたしはあなたのために、信仰が無くならないように祈った。だから、あなたは立ち直ったら、兄弟たちを力づけてやりなさい。」

(新約聖書 ルカによる福音書22:31,32 新共同訳

「転ばぬ先の杖」という言葉がありますが、イエス様はシモン・ペテロがつまずく前から彼のために祈り、彼が立ち直る道筋を用意しておられました。同じように私たちがそれぞれの人生で経験するつまずきの経験の中に、イエス様は特別な目的と計画を備えていて下さるのだ、そう思うと心に希望が湧いて来ます。

「あなたは立ち直ったら、兄弟を力づけてやりなさい」あなたが立ち直ったとき、イエス様から与えられている使命は何でしょうか?私たちがその使命を果たすことが出来るように、イエス様は今日も祈ってくださっています。

I went hiking the other day. The weather was great on that day, so I was able to enjoy the nature God has created. I enjoyed the beautiful scenery on the top of the mountain and as I was heading back, I stumbled on the root and injured my knee even though I was being careful not to fall down.

No one likes falling down. However, there is no one who never fell down in their lives. Life is a series of stumble or failure. I love what Jesus said to Peter when he failed.

“Simon, Simon, behold, Satan demanded to have you, that he might sift you like wheat, but I have prayed for you that your faith may not fail. And when you have turned again, strengthen your brothers.”(Luke 22:31,32 ESV)

Jesus prayed for Peter before he failed and prepared a way to get over. When we stumble in our lives, we have hope in Jesus who prays for us even before we fail and prepares for us a way to get over.

Jesus gives certain mission to Peter: “when you have turned again, strengthen your brothers.”

What is your mission that Jesus is giving you when you get over? Jesus is praying for us today that we might be able to accomplish what He has called us to do.