ショートメッセージ」カテゴリーアーカイブ

あなたの光は曙のように射し出で / Your light will shine like the dawn

12月1日の安息日午後、八王子市内のある病院を訪問してキャロリングをさせていただきました。この病院では、もう20年以上も続けてクリスマスの時期にキャロリングをさせていただいています。私は今回で6回目の参加でしたが、とても有意義な時間を過ごすことができました。

2時間半という限られた時間で6病棟を回って讃美歌を歌うのは、結構ハードスケジュールです。しかし、病棟を回っていくうちに、参加した聖歌隊の皆さんの顔が活き活きとした表情に変わっていったのが印象的でした。

涙を流しながら歌声に耳を傾けてくださる方。一緒に大きな声で歌ってくださる方。じぃっと見守ってくださる方…。それぞれのスタイルで私たちを迎え、このプログラムに参加してくださる入院中の皆さんから、元気をいただきました。

わたしの選ぶ断食とはこれではないか。悪による束縛を断ち、軛の結び目をほどいて/虐げられた人を解放し、軛をことごとく折ること。更に、飢えた人にあなたのパンを裂き与え/さまよう貧しい人を家に招き入れ/裸の人に会えば衣を着せかけ/同胞に助けを惜しまないこと。そうすれば、あなたの光は曙のように射し出で/あなたの傷は速やかにいやされる。あなたの正義があなたを先導し/主の栄光があなたのしんがりを守る。

(旧約聖書 イザヤ58:6~8 新共同訳)

聖書は私たちに、「あなたの持っているものを他者に与えるとき、あなたの傷が癒されるのだ」と教えています。これはまた、私たちにすべてを与えるためにこの地上にお生まれくださったイエス様の生涯が私たちに教えていることではないでしょうか。このクリスマスの季節に「あなたの光は曙のように射し出でる」という主の御言葉が実現しますように。

 

※山梨県・金峰山山頂直下からの日の出(2018年11月25日撮影)。

I visited a hospital with members of choir on last Sabbath. We sang some Christmas carol, and told the Christmas message. I’m grateful to the hospital because they have accepted our visitation for more than 20 years on every Christmas season. That was the sixth visit for me. It was meaningful time to us.

During 2 hours 30 minutes we visited 6 wards. It was a tight schedule. However, I noticed that the facial expressions of the choir members were getting shine.

Some patients listened to our songs while crying. Other patients sang with us in loud voice. Other patients were just listening carefully. We were encouraged by their attitude.

“I will tell you the kind of special day I want.
I want you to free the people you have put in prison unfairly.
    Undo their chains.
Free those to whom you are unfair.
    Free them from their hard labor.
I want you to share your food with hungry people.
    I want you to bring poor, homeless people into your own homes.
When you see someone who has no clothes, give him yours.
    Don’t refuse to help your own relatives.
If you do these things, your light will shine like the dawn.
    Then your wounds will quickly heal.
Your God will walk before you,
    and the glory of the Lord will protect you from behind(Isaiah 58:6-8 ICB).

The Scripture are teaching that if we give something to others, we will receive big blessing and our wounds will heal quickly.

I would like to remember this principle that God gave us. And I hope to experience the promise of God during Christmas season.

自分のことだけでなく、他人のことにも注意を払いなさい / Be interested in lives of others

自動車運転免許証の更新手続きに行ってきました。講習の中で、横断歩道付近での自動車/歩行者の事故が依然として多いという話を聞きました。そしてその中で、運転者は歩行者の気持ちになって運転をすることが大事であると教えていただきました。

確かに、自分が車を運転しているとき、歩行者用信号が青の点滅になっているのに横断歩道にかけ込んで来る人がいると「おいおい、かんべんしてよ~」という気持ちになる私ですが、自分が歩行者のときには、案外同じことを平気でしていることに気づかされました。

いつも車を運転するだけでなく、歩行者になったり、自転車に乗ったりすることは、道路上のお互いの立場や気持ちを理解する助けになると思います。

聖書には次のように書かれています。

何事も利己心や虚栄心からするのではなく、へりくだって、互いに相手を自分よりも優れた者と考え、めいめい自分のことだけでなく、他人のことにも注意を払いなさい。

(フィリピの信徒への手紙2:3,4 新共同訳)

「理解する」という言葉を英語では“Understand”と言います。日本語に直訳すると「下に立つ」となります。私たちが、様々な人間関係の中でお互いに自分の立場や思いから一歩離れて、相手の側に立って考えるとき、また、へりくだって(相手の下に立って)相手を思いやるときに、お互いに対する理解や信頼を深めることができるのではないでしょうか。

 

※高尾警察署前のイチョウ並木(撮影:11月29日)。

I went to the police office for renew my driver’s license this week. So I got a lecture. The instructor told us. “There are still many accidents of pedestrians and cars at the intersection still now.”

And he said, drivers must have thoughtful consideration to pedestrians.

I am irritated when a pedestrian does not keep the signal while I’m driving. However, I noticed that I was doing the same thing when I walked on the road. When I drive a car it is important to understand what pedestrians are thinking.

 When you do things, do not let selfishness or pride be your guide. Be humble and give more honor to others than to yourselves. Do not be interested only in your own life, but be interested in the lives of others.(Philippians 2:3,4 ICB)

The word “understand” is made from the words “under” and “stand”. In order to understand someone we need to “stand under”. That means being humble. And it is to sympathize with the feelings of the others.

This is an important principle that applies not only to driving but also to our human relations.

 

まず主の言葉を求めてください / Inquire first for the word of the LORD

ある日、忙しい朝の時間に「聖書を読まなきゃ!」と自分に言い聞かせて、机に向かい聖書を開きました。その日に読む予定のページを開くと、次の言葉が目に飛び込んできました。

しかし同時にヨシャファトはイスラエルの王に、「まず主の言葉を求めてください」と言った。

(旧約聖書 列王記上22:5 新共同訳)

ヨシャファトは南王国ユダの王でした。彼は分裂した北王国イスラエルと和解をした王として知られています。先の言葉は、イスラエル王に「わたしたちと一緒に敵と戦ってくれませんか?」と促された時の彼の応答です。

ヨシャファトには王としてなすべきことがたくさんあったことでしょう。国内の政治、そして外交問題など課題が山積していたかもしれません。しかし、この言葉に彼が第一にしていたものがはっきりとあらわされています。それは、イエス様が私たちに与えられた命令と約束の言葉でもあります。イエス様はこう言われました。

何よりもまず、神の国と神の義を求めなさい。そうすれば、これらのものはみな加えて与えられる。だから、明日のことまで思い悩むな。明日のことは明日自らが思い悩む。その日の苦労は、その日だけで十分である。

(マタイによる福音書6:33,34 新共同訳)

私は先のことが心配で夜眠れなくなったときに、この聖句を読むようにしています。これは、私たちが第一のものを第一とするとき、神様はすべての必要に応えてくださるという約束です。慌ただしく時間が流れ、すべきことが次々と押し寄せて来る現代にあって、聖書の言葉は私たちに力強く語りかけています。

※甲州街道のイチョウ並木です(撮影:11月17日)

One busy morning, I told myself. “I need to read the Bible.” And when I opened the Bible, this word came into my mind. This word corrected my mind.

And Jehoshaphat said to the king of Israel, “Inquire first for the word of the Lord.” (1 Kings 22:5 ESV)

Jehoshaphat was a king of Judah. He is known as the king who made Judah reconciled with Israel. When he was told the king of Israel “Please fight against enemies with us”, he answered like that.

He may be had many things had to do as a king. There were not only domestic problems but also international work. But this word reveals what his top priority was. It is in common with the words to which Jesus has spoken.

 But seek first the kingdom of God and his righteousness, and all these things will be added to you. “Therefore do not be anxious about tomorrow, for tomorrow will be anxious for itself. Sufficient for the day is its own trouble.(Matthew 6:33,34 ESV)

When I can’t sleep because of my worries, I read this Scripture. It makes me calm very much. Jesus has promised us that if we keep His command as our top priority, he give us everything we need. It’s quite busy era that we are living. God’s Word speaks strongly to us.

岩を土台としていたからである / Because it had been founded on the rock

11月10日、光風台三育小学校40周年記念礼拝に出席しました。約20年前に働いていた小学校と教会に久しぶりに出席して、懐かしい方々と再会することができました。当時のかわいい小学生たちが立派に成長している姿を見ることができてとても嬉しかったです。卒業生との聖書の学びの時間に、ひとつのイエス様の例え話をみんなで読みました。

「そこで、わたしのこれらの言葉を聞いて行う者は皆、岩の上に自分の家を建てた賢い人に似ている。雨が降り、川があふれ、風が吹いてその家を襲っても、倒れなかった。岩を土台としていたからである。わたしのこれらの言葉を聞くだけで行わない者は皆、砂の上に家を建てた愚かな人に似ている。雨が降り、川があふれ、風が吹いてその家に襲いかかると、倒れて、その倒れ方がひどかった。」

(新約聖書 マタイによる福音書7:24~27 新共同訳)

小学校を卒業して、それぞれの道を歩んだ卒業生たち。きっと簡単には話せないような辛い出来事や、困難に直面することがたくさんあったことでしょう。今もそのような試練の真っただ中にいるためにこの日集まることが出来なかった人もいたかもしれません。このたとえ話によれば、「岩の上に家を建てた人」「砂の上に家を建てた人」いずれの人生にも、「雨が降り、川があふれ、風が吹いてその家を襲った」と書かれています。私たちが何を土台として生きているのか、違いが明らかになるのは、そのような試練の日なのです。聖書は、決して変わることのない神様の言葉を聞

き、それに従う人を、「岩を土台とする」生き方をする人、と教えています。学び舎を巣立っていった若者たちが「岩を土台として」生きていって欲しい、と願うと同時に、自分自身もそのような生き方をしていきたいものだと改めて強く感じました。

I visited to Kofudai Saniku elementary school on November 10 for 40th anniversary worship. I was working there for 20 years ago. I met with many nostalgic people there. The students grew up and became adults. On that day, I had Bible class with them, and we have read this Bible story together.

“Everyone then who hears these words of mine and does them will be like a wise man who built his house on the rock. And the rain fell, and the floods came, and the winds blew and beat on that house, but it did not fall, because it had been founded on the rock. And everyone who hears these words of mine and does not do them will be like a foolish man who built his house on the sand.  And the rain fell, and the floods came, and the winds blew and beat against that house, and it fell, and great was the fall of it.”(Matthew 7:24-27 ESV)

They may have faced many hardship after they graduate the school. Some faced difficulties, so some people could not get there.

According to this Bible story, both of them (“who built his house on the rock” and “who built his house on the sand”) were facing hardship. Their differences will not be revealed on a calm day. However, when encountering difficulties, the difference in their foundation became clear. Bible is teaching that importance of listen to God word and to obey it. Jesus taught us it means that “it had been founded on the rock”.

I hope that students lay the foundations of their lives on “rock”.

And I also hope to make my foundation on the rock.

共に時間を過ごすこと / Spend time together

今週は休暇をいただいて、両親と一緒に母の実家の長野に行ってきました。3日間両親、そしてふだんなかなか会うことのない親戚の人たちとの交わりを楽しむことが出来ました。往復の道中、両親とゆっくり話をすることが出来ました。そして長野では私が幼かった頃と変わらず、おじさんおばさんたちがあたたかく迎えてくれて、忘れかけていた子どもの頃の懐かしい思い出がたくさんよみがえって来ました。

インターネットの普及により、遠く離れたところにいる人たちとも顔を見ながら会話をすることが出来るようになりました。しかしそんな時代だからこそ、お互いに時間を割いて共に時間を過ごすことの意味や価値が、より一層増しているように感じました。

今年もクリスマスシーズンが近づいてきました。救い主イエス・キリストの誕生について、聖書には次のように書かれています。

「見よ、おとめが身ごもって男の子を産む。その名はインマヌエルと呼ばれる。」この名は、「神は我々と共におられる」という意味である。

(新約聖書 マタイによる福音書1:23 新共同訳)

イエス様がこの地上に生まれたことをお祝いするクリスマスは、神様が私たち人間を見放すことなく、「共におられる」お方であることを告げています。イエス様は、神の子でありながら、自らその地位を捨てて一人の人としてこの世界に降りて来て、私たちと共に時間を過ごしてくださいました。神様が人間と共にいて、共に喜び、共に泣いてくださったのです。人と人とのつながりが希薄になりつつある現代に「神は我々と共におられる」と聖書は語りかけています。

 

※写真は長野のりんご畑です(11月5日撮影)。

I went to Nagano prefecture this week with my parents. There is my uncle’s house. I spent time there for 3 days with them. It was really meaningful time for me. I enjoyed talk with parents. My uncle and aunt welcomed us very much. So I was able to enjoy spent time with them. I remembered that my childhood during staying there.

Today, because of the spread of the Internet, we can see each other’s face even if we are far away. It made our life convenient.

However, that’s why it is even more important for us to spend time today.

The Christmas season is approaching. The Bible teaches us about the birth of the Jesus Christ.

“The virgin will conceive and give birth to a son, and they will call him Immanuel” (which means “God with us”).(Matthew 1:23 NIV)

Christmas teaches that “God with us”.

Jesus was the Son of God, but he came down to this earth and lived with humans. God is with us, and He spends time with us.

We are living in a very busy time. It is a time when the connection between people is getting thinner. The Bible is proclaiming to us that “God is with you”.