甲府教会からのお知らせ」カテゴリーアーカイブ

「3日間」

長い年月を経て、兄たちがどのように変わったのかを知るため、ヨセフさんは自分の身分を隠したまま兄たちにスパイ容疑をかけたまま次の作戦に出ました。

お前たちのうち、だれか一人を行かせて、弟を連れて来い。それまでは、お前たちを監禁し、お前たちの言うことが本当かどうか試す。もしそのとおりでなかったら、ファラオの命にかけて言う。お前たちは間違いなく回し者だ。」ヨセフは、こうして彼らを三日間、牢獄に監禁しておいた。(聖書 創世記42:16∼17 新共同訳)

弟を連れてくるために、1人を選んで家に帰すように。これが、ヨセフさんが出した条件でした。もし、この条件をのまない、もしくは、今までの発言の中に嘘があったとしたら、自分たちは完全にスパイとして扱われてしまう。兄たちは、そんな状況におかれてしまいました。

しかし、既に大事な息子を失っている父に対して、兄弟がエジプトに監禁されており、更には末の弟を連れて行かなければならないということを告げるのは、たとえ自分たちの命がかかっていたとしても気が進まないことでした。

そんなハッキリしない状態でいたせいか、ヨセフさんは彼らを全員牢獄に監禁してしまいました。

3日間の間、自分たちが置かれた状況を見つめながら、色々なことを考えたことと思います。もし、自分たちにやましいことがなければ、素直に出された条件に従うこともできたかもしれません。しかし、今それに従うことができないのは、自分たちが過去にしてしまった残酷な過ちがあったからでした。

兄たちは、既に昔のような血気盛んで残酷なことをするような人間から、父や弟のことを思いやるような人間へと変えられていました。しかし、この3日間は更に反省の時となったことと思います。

しかし、なによりも、自分は3年近くも投獄されていたのにもかかわらず、兄たちを3日間で釈放してあげたヨセフさんも、長い年月を経て神様によって愛の人へと成長させられていたということを見ることができます。

辛く苦しい経験をする時、それは、神様が私たちを成長させてくださる時でもあるんだということに気が付かされます。

「大飢饉の到来」

やがて、エジプト全国にも飢饉が広がり、民がファラオに食物を叫び求めた。ファラオはすべてのエジプト人に、「ヨセフのもとに行って、ヨセフの言うとおりにせよ」と命じた。(聖書 創世記 41:55 新共同訳)

 ファラオの見た夢の通り、大豊作の後に大飢饉が到来しました。しかし、大豊作の時にしっかりと備えをしていたので蓄えがありました。

 とは言え、やはりこの飢饉はとても大きいもので、備えをしていてもいざ直面すると不安に思った人たちもいたことと思います。

 そして、更に状況は悪化していきました。

飢饉は世界各地に及んだ。ヨセフはすべての穀倉を開いてエジプト人に穀物を売ったが、エジプトの国の飢饉は激しくなっていった。(聖書 創世記 41:56 新共同訳)

 飢饉が世界規模へと拡大し、備えをしていたエジプトの国は、小出しにするのではなく全ての倉を開けなければならない状況にまで来ていました。

また、世界各地の人々も、穀物を買いにエジプトのヨセフのもとにやって来るようになった。世界各地の飢饉も激しくなったからである。(聖書 創世記 41:57 新共同訳)

この飢饉の中で「エジプトに行けば食糧がある」と噂を聞いた人たちが食糧を買うためにエジプトへとやって来ました。それほどに世界の状況も悪化していたようでした。

 神様がヨセフさんに示した困難への備えは、自分たちの国だけが助かるためだけではなく、求めてやって来る人たちの命をも助けるものであったのでした。

そして、この大飢饉という状況が、ヨセフさんが昔見た夢を現実のものとするきっかけとなっていきました。

Youtubeチャンネルのお知らせ

セブンスデー・アドベンチスト甲府キリスト教会のYoutubeチャンネルにて

毎週土曜日の聖書の学びと礼拝を配信致します。

聖書の学び 9:30∼

礼拝    10:30~

↓↓↓ チャンネルURL ↓↓↓

https://www.youtube.com/channel/UCf-q_UHxXwGa4cxJ6YSCmCQ

↓↓↓ お知らせ動画 ↓↓↓

人々にもそのとおりにせよ。

韓国・済州島での英語の研修も後半になりました。今週の半ばごろ、酷い頭痛のために半日クラスを休んでしまいました。昼食と夕食を食べることが出来ずに部屋で休んでいると、クラスメイトたちが食事を運んできてくれました。それだけでもとても嬉しかったのですが、「あなたが食事に来ていないことを食堂のスタッフの方が心配していたよ。」と言うのです。友人たちだけでなく、食堂のスタッフの方までもが私のことを覚えてくれているということに胸を熱くしながら夕食をいただきました。


だから、何事でも人々からしてほしいと望むことは、人々にもそのとおりにせよ。

(新約聖書 マタイによる福音書7:12 口語訳)


イエス様のこの教えはとてもシンプルです。しかし、簡単なことではありません。心の焦点が自分自身にしか向いていない時、私たちは周りの人が何を必要としているか気づくことは出来ません。自分は果たしてどれくらい周りの人の必要や痛みに敏感だっただろうかと恥ずかしくなりました。

 

私を心配して部屋に訪ねて来てくれた中国人の友人は、中国語で心のこもった祈りをささげてくれました。いつも朝早くから私たちの食事を用意してくれているスタッフの方々とは直接の会話を通してはコミュニケーションは出来ません(私が韓国語が出来ないので)。しかし、言語を超えて確かに伝わるものがあることを再確認させられました。それこそがイエス様が私たちに教えてくださったものなのかもしれません。