「責任を負う」

愛する末息子のベニヤミンさんだけは、絶対に手放したくないという父の強い思いのため、兄弟たちはエジプトへ行くことができずに時が経とうとしていました。

 しかし、飢饉は続いています。エジプトから持ち帰った食糧も終わりが見え始めて来ました。

 これを機に、再度エジプトへ食糧を買いに行かざるを得ないという話が持ち上がりました。父ヤコブさんからエジプトへのお遣いの指示を受けた時、兄弟の1人が言いました。

ユダは、父イスラエルに言った。「あの子をぜひわたしと一緒に行かせてください。それなら、すぐにでも行って参ります。そうすれば、我々も、あなたも、子供たちも死なずに生き延びることができます。あの子のことはわたしが保障します。その責任をわたしに負わせてください。もしも、あの子をお父さんのもとに連れ帰らず、無事な姿をお目にかけられないようなことにでもなれば、わたしがあなたに対して生涯その罪を負い続けます。

(聖書 創世記 43:89 新共同訳)

 長男ルベンさんの息子の命をかけるという説得が拒まれてしまった今、回りまわってユダさんが口を開きました。ユダさんは、弟ベニヤミンの身の保証を約束し、万が一のことがあれば自分が生涯その罪を負い続けるという強い意志を持って父にかけあったのでした。

 そして、ついに父はその説得に応じることとなりました。

では、弟を連れて、早速その人のところへ戻りなさい。どうか、全能の神がその人の前でお前たちに憐れみを施し、もう一人の兄弟と、このベニヤミンを返してくださいますように。このわたしがどうしても子供を失わねばならないのなら、失ってもよい。」

(聖書 創世記1314 新共同訳)

 ユダさんの言葉は、父ヤコブさんに対してどのように刺さったかはわかりません。もしかすると、息子たちから何を言われても半信半疑でしか受け取ることができなかったかもしれません。しかし、万が一の時には自分がその罪を負い続けるという決心の言葉は、父の心を動かしたのではないかと思います。

 そして、ユダさんの言った「あの子のことはわたしが保証します」という言葉は、神様が私たち1人1人の救いに対して言ってくださっている言葉でもあります。

「あなたのことはわたしが保証します」と言ってくださる神様に信頼する歩みをしていきましょう。

父の嘆き

1人を人質に残して父のもとへと戻って来た兄たちは、勇気を出して事情を説明しました。しかし、父の反応は予想通りのものでした。

 父ヤコブは息子たちに言った。 「お前たちは、わたしから次々と子供を奪ってしまった。ヨセフを失い、シメオンも失った。その上ベニヤミンまでも取り上げるのか。みんなわたしを苦しめることばかりだ。」(創世記 42:36新共同訳)

 ヨセフさんを失った悲しみの大きさに加え、異国の地でシメオンさんまで失い、更には今一番大切にしているヨセフさんの実の弟にあたるベニヤミンさんまでも失う危険性があるという状況には、さすがに良しとすることはできませんでした。

 それでも父を説得するために長男のルベンさんは勝負に出ました。

ルベンは父に言った。 「もしも、お父さんのところにベニヤミンを連れ帰らないようなことがあれば、わたしの二人の息子を殺してもかまいません。どうか、彼をわたしに任せてください。わたしが、必ずお父さんのところに連れ帰りますから。」

(創世記 42:37 新共同訳)

もしも不幸な結果に終わった場合は、自分の2人の息子の命を差し出す。これが自分の2人の息子を失った父ヤコブさんに対して、ルベンさんが持ちかけた条件でした。

しかし、ヤコブは言った。 「いや、この子だけは、お前たちと一緒に行かせるわけにはいかぬ。この子の兄は死んでしまい、残っているのは、この子だけではないか。お前たちの旅の途中で、何か不幸なことがこの子の身に起こりでもしたら、お前たちは、この白髪の父を、悲嘆のうちに陰府に下らせることになるのだ。」(創世記 42:38 新共同訳)

 息子を失った辛さを痛いほど知っている父ヤコブさんからすると、ルベンさんの提案した条件はあまりにも軽率に思えたかもしれません。

 そして、この兄弟たちが過去に行ってきた悪行に心を痛めてきたヤコブさんは、自分の大切な末の息子の運命をゆだねることは到底できないと思っていたことと思います。

 何よりも、また息子を失うことだけはしたくない。そのような気持ちでいっぱいいっぱいでした。

 父親が大事な息子を失うということがどれだけ辛いのかが伝わってくる一方で、父なる神様はそのような思いで独り子である御子イエス・キリストを私たちのために地上に送ってくださったのだということに改めて気が付かされます。

 その大事な独り子が痛み苦しみ、そして血を流して命を落とすことによって、私たちを罪から救ってくださいました。

「戻された代金」

何故かエジプトでスパイ容疑をかけられ兄たちは、1人を人質にして一時帰還することとなりました。そこで、兄弟の中でシメオンさんが選ばれエジプトの地に残ることとなりました。

 兄たちが帰路につく準備をしていた時、ヨセフさんは兄たちの荷物に細工をすることにしました。

 ヨセフは人々に命じて、兄たちの袋に穀物を詰め、支払った銀をめいめいの袋に返し、道中の食糧を与えるように指示し、そのとおり実行された。(聖書 創世記 42:25 新共同訳)

そんな細工がされたことなど全く知らない兄たちは帰路につきました。そして、

途中の宿で、一人がろばに餌をやろうとして、自分の袋を開けてみると、袋の口のところに自分の銀があるのを見つけ、 ほかの兄弟たちに言った。 「戻されているぞ、わたしの銀が。ほら、わたしの袋の中に。」 みんなの者は驚き、互いに震えながら言った。 「これは一体、どういうことだ。神が我々になさったことは。」(聖書 創世記2728 新共同訳)

 穀物は正式に代金を支払って購入したので問題ありませんでした。しかし、それを購入する際に支払ったはずの代金がそのまま袋に入れられていたのでした。何故こんなことが起こったのか訳がわからず他の兄弟にそれを知らせました。

 見方によっては、代金を支払ったと見せかけて不正をしたと言われてもおかしくない状況です。スパイ容疑に加えて、窃盗の容疑までかけられてしまう。そんな恐ろしい状況に感じたかもしれません。

 しかし、まだこの時、他の兄弟たちは自分の荷物の中身には気が付いていませんでした。

それから、彼らが袋を開けてみると、めいめいの袋の中にもそれぞれ自分の銀の包みが入っていた。彼らも父も、銀の包みを見て恐ろしくなった。(聖書 創世記35 新共同訳)

帰宅して袋を開けると、全員の袋の中に支払ったはずの代金が入れられていました。

お金が戻って来てラッキーと思うのか、何故こんなことが起こっているのかと自分たちのおかれている状況に真剣に向き合うのか。

 昔の兄たちであれば前者であったかもしれません。しかし、兄たちは、ある意味得したような状況にあっても、「これは一体、どういうことだ。神が我々になさったことは」と言って神様の御心を知ろうとしました。

「罪の告白と涙」

兄たちをテストするために末の弟を連れてくるようにと条件を出したヨセフさんでしたが、それを聞いた兄たちは、父親をこれ以上悲しませるわけにはいかないという思いから行動に移すことができないまま投獄されることとなってしまいました。

 しかし、ヨセフさんは兄たちや食料を待つ故郷の人々を苦しめるつもりで投獄をしたわけではありませんでしたので、次の作戦に出ました。

 三日目になって、ヨセフは彼らに言った。「こうすれば、お前たちの命を助けてやろう。わたしは神を畏れる者だ。お前たちが本当に正直な人間だというのなら、兄弟のうち一人だけを牢獄に監禁するから、ほかの者は皆、飢えているお前たちの家族のために穀物を持って帰り、末の弟をここへ連れて来い。そうして、お前たちの言い分が確かめられたら、殺されはしない。」(聖書 創世記 42:1820 新共同訳)

 ヨセフさんが出した次なる条件は、9人が人質となり1人で帰るのではなく、その逆の1人が人質となり9人で末の弟を迎えに行くというものでした。

 その条件を聞いた兄たちはこう言いました。

彼らは同意して、互いに言った。「ああ、我々は弟のことで罰を受けているのだ。弟が我々に助けを求めたとき、あれほどの苦しみを見ながら、耳を貸そうともしなかった。それで、この苦しみが我々にふりかかった。」(聖書 創世記 42:20-21新共同訳)

 出された条件を呑んだものの、やはり兄たちの心にはもやもやするものがありました。その原因は、昔恨みや妬みのために助けを求める弟を無慈悲にも売り飛ばしてしまったという過去の出来事でした。

彼らはヨセフが聞いているのを知らなかった。ヨセフと兄弟たちの間に、通訳がいたからである。ヨセフは彼らから遠ざかって泣いた。・・・(聖書 創世記 2324 新共同訳)

 目の前にいるのがその弟であるということなど知る由もなく、また、目の前にいるそのエジプトの偉い人に自分たちの言葉が通じるなどとは考えもしない兄たちの口から出て来たのは罪の告白の言葉でした。ヨセフさんは、兄たちの純粋な今の気持ちを知り、涙が出てきました。

イエス様も、私たちが罪を認め、それを告白して悔い改める時、ヨセフさんのように涙を流されるのだろうなと思います。

「3日間」

長い年月を経て、兄たちがどのように変わったのかを知るため、ヨセフさんは自分の身分を隠したまま兄たちにスパイ容疑をかけたまま次の作戦に出ました。

お前たちのうち、だれか一人を行かせて、弟を連れて来い。それまでは、お前たちを監禁し、お前たちの言うことが本当かどうか試す。もしそのとおりでなかったら、ファラオの命にかけて言う。お前たちは間違いなく回し者だ。」ヨセフは、こうして彼らを三日間、牢獄に監禁しておいた。(聖書 創世記42:16∼17 新共同訳)

弟を連れてくるために、1人を選んで家に帰すように。これが、ヨセフさんが出した条件でした。もし、この条件をのまない、もしくは、今までの発言の中に嘘があったとしたら、自分たちは完全にスパイとして扱われてしまう。兄たちは、そんな状況におかれてしまいました。

しかし、既に大事な息子を失っている父に対して、兄弟がエジプトに監禁されており、更には末の弟を連れて行かなければならないということを告げるのは、たとえ自分たちの命がかかっていたとしても気が進まないことでした。

そんなハッキリしない状態でいたせいか、ヨセフさんは彼らを全員牢獄に監禁してしまいました。

3日間の間、自分たちが置かれた状況を見つめながら、色々なことを考えたことと思います。もし、自分たちにやましいことがなければ、素直に出された条件に従うこともできたかもしれません。しかし、今それに従うことができないのは、自分たちが過去にしてしまった残酷な過ちがあったからでした。

兄たちは、既に昔のような血気盛んで残酷なことをするような人間から、父や弟のことを思いやるような人間へと変えられていました。しかし、この3日間は更に反省の時となったことと思います。

しかし、なによりも、自分は3年近くも投獄されていたのにもかかわらず、兄たちを3日間で釈放してあげたヨセフさんも、長い年月を経て神様によって愛の人へと成長させられていたということを見ることができます。

辛く苦しい経験をする時、それは、神様が私たちを成長させてくださる時でもあるんだということに気が付かされます。